お知らせ・ニュースリリース

マンション住民みんなでコミュニティを育むプログラム『マンション住民文化祭』
〜企画から開催まで全て住民が手掛け、大盛況となりました!〜

ニュースリリース

2014年08月25日
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表取締役社長:石塚 和男、本社:東京都千代田区、以下つなぐネット)は、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(代表理事:平岩 国泰)と共同で、マンション住民が主体的にコミュニティを育むプログラム『マンション住民文化祭』を、東京都江東区の大規模マンションにて計3回実施しました。当マンションでは2013年4月から取り組みを開始し、ついに2014年6月開催の第3回住民文化祭において、100%住民の手によって企画・実施されました。

『マンション住民文化祭』とは

従来のマンション内イベントでは、理事や自治会、外部業者といった限られたメンバーが運営するため交流の幅が広がらず、継続されにくいという課題がありました。そこで『マンション住民文化祭』では、できるだけ多くのマンション住民が参加でき、また住民主体で運営できるよう工夫しています。音楽や手芸など住民が日常的に取り組んでいる趣味の成果を発表する場とし、趣味を通じて老若男女問わず自然に交流できるようにしました。また、イベントの企画検討から実施までのノウハウを段階的に住民へ継承し、最終的には住民のみで運営できることを目指しています。

2014年6月開催「第3回マンション住民文化祭」では、運営の主体となる「文化祭実行委員会」メンバーが住民のみで組織され、企画検討や準備もスムーズに行われました。当日のイベントについても、第2回住民文化祭をきっかけに発足したハンドメイドサークルの作品展示のほか、子どもたちの合唱や住民によるチェロとピアノの共演などがマンションエントランスで行われ、第1回・第2回を上回る充実した内容となりました。また、今回は住民がそれぞれ家庭から持ち寄った本を交換する「ブックチェンジ」も行われ、子どもから大人まで本の交換をきっかけに、新たに顔見知りとなった人との会話を楽しんでいました。

第3回『マンション住民文化祭』開催の様子はこちら

住民主体でコミュニティ形成を継続するための工夫

『マンション住民文化祭』では、コミュニティ形成を「楽しんで」続けていけるよう、工夫を凝らしています。

  • 【工夫1】
    住民から運営スタッフを募集して「文化祭実行委員会」を組織
  • 【工夫2】
    住民による運営実施を段階的にサポートし、マンション内に成功体験とノウハウを蓄積する
  • 【工夫3】
    住民文化祭の企画・実施方法をまとめた「住民文化祭ガイド」を提供し、手順を明確にする

住民文化祭ガイド:
『マンション住民文化祭』を手軽に実施していただくために、開催までに必要な手順をまとめたガイドブックです。

『マンション住民文化祭』今後の展開

つなぐネットでは、『マンション住民文化祭』をより多くのマンションで実施していただき、より良質なマンション内コミュニティを形成していただくために、デベロッパー・管理会社・管理組合へサービスを幅広く提供いたします。

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 会社概要

丸紅株式会社、三菱地所株式会社、東京建物株式会社の合弁会社として、2001年1月よりマンション向けITサービスを提供してまいりました。「マンション生活をより豊かに」という企業理念のもと、生活インフラとしてのインターネット接続サービスのほか、マンションコミュニティ形成支援サービスや防災支援サービスなど、マンション生活の質向上に貢献する様々なサービスを提供しております。

  • 代表
    • 代表取締役社長 石塚 和男 (イシヅカ カズオ)
  • 本社所在地
    • 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
  • 設立
    • 2001年1月24日
  • URL
  • 事業内容
    • マンション向けインターネット接続サービス「e-mansion(イーマンション)」運営のほか、ITを活用したマンション商品企画、マンション管理業務支援など

※マンション向けインターネットサービス「e-mansion」導入実績(2014年6月末付)
サービス中物件: 2,296棟 208,680戸 / サービス中および契約済み物件:2,430棟 226,020戸

本リリースに関するお問合せ先
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 広報担当:平田
e-mail / press@tsunagunet.com