お知らせ・ニュースリリース

マンション居住者の地震対策に関する調査結果 マンション管理組合全体の防災への取り組み不足が浮き彫りに

ニュースリリース

2010年08月23日
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ

〜 不安を取り除くために防災意識を高め、対策につなげる活動が急務 〜

丸紅株式会社と三菱地所株式会社と東京建物株式会社との合弁会社で、マンション向けインターネットサービスを提供する株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(東京都千代田区、代表取締役社長 石塚 和男、以下TNC)では、2010年7月15日〜8月12日に、当社が全国約16万世帯のマンションに提供しているインターネットサービス「e-mansion(イーマンション)」のSNS利用者(10〜70代男女)に対して、マンションでの地震対策に関するインターネット調査を実施しました。

世界でも有数の地震大国といわれている日本で発生する地震は、世界で発生している地震のうちおよそ10%にも上ります。有感地震(震度1以上)はおよそ年間2,000回発生し、震度5以上の地震も阪神淡路大震災以降、毎年のように発生していることから、マンションの多い首都圏でも巨大地震の発生が懸念されています。

そこでTNCでは今回、首都圏のマンション居住者を中心に、居住するマンションでの地震対策に関するインターネット調査を実施し、710名の有効回答を得ました。

調査結果のピックアップ(抜粋)※詳細はこちらをご覧ください。

約7割が「防災訓練に参加したことがない」と回答

多くのマンションで実施されている防災訓練ですが、参加の有無を質問したところ、

  • 参加している 30%
  • 参加していない 70%

という、圧倒的に参加したことのない人が多い結果となりました。

マンション全体で防災備蓄品(救助用具・医療品など)を用意しているのは2割に満たない結果に

多くのマンションで実施されている防災訓練ですが、参加の有無を質問したところ、

  • 用意されている 18%
  • 用意されていない 25%
  • わからない 57%

となり、「用意していない」もしくは「わからない」という回答が全体の8割強を占める結果となりました。

管理組合が災害対応マニュアルを準備しているマンションは2割弱にとどまる

災害時に被害を最小限にとどめるために役立つ「災害対応マニュアル」の有無について質問したところ、

  • 準備されている 15%
  • 準備されていない 13%
  • わからない 72%

となり、災害対策マニュアルの準備不足や必要だという認識の低さが際立つ結果となりました。

居住者から寄せられた声(抜粋)

Q.今お住まいのマンションで地震が起きた時、一番不安な事はなんですか?
  • エレベーターが止まった時、22階なので避難が出来るかどうか不安。万一、水道とかライフラインが停止したら、地上の給水車まで往復することは不可能だと思うので生活が出来るか不安。
  • 防災訓練もしていないため、非常事態が起きたときのマンション自体の対応がわからない。
  • 隣人をはじめほとんど顔を合わせることがないので、助け合える人がいないこと。
  • 誰が先頭を切って指示などをしてくれるのか?

調査結果分析と取組み

今回の調査から、防災訓練の実施や参加、防災備蓄品の準備といった、本来マンションで行うことが望ましい地震対策が十分ではないことから、多くのマンション居住者が地震への不安を抱えているという現状が浮き彫りとなりました。
そのため当社では、マンションの防災への取り組みを支援する活動として、2010年10月16日(土)にマンションの管理組合理事・防災担当者を対象とした、無料セミナー「マンション防災フォーラム2010」を、昨年に引き続き開催いたします

また、本年3月末にはマンションに特化した地震対策を、イラストなどを豊富に用いてわかりやすく説明した書籍「マンションみんなの地震防災BOOK」を発刊。各家庭やマンション全体で行うべき具体的な地震対策を紹介する傍ら、居住者・管理組合が協力し合うことの重要性に触れ、マンションで地震対策に取組む一助となるよう努めています。

関連ページ

調査設計

  • 調査名
    • マンション居住者の地震対策に関する調査
  • 調査方法
    • インターネット調査
  • 実施期間
    • 2010年7月15日〜8月12日
  • 調査対象
    • 全国の10代〜70代の居住者男女(女性58% 男性42%)
  • 年齢区分
    • 年齢区分
  • サンプル数
    • 710名

※掲載グラフ、表及び一覧を引用、転載する場合には、【株式会社つなぐネットコミュニケーションズ調べ】 と明記して下さい。

会社概要

【株式会社つなぐネットコミュニケーションズとは】
株式会社つなぐネットコミュニケーションズは丸紅株式会社、三菱地所株式会社、東京建物株式会社の合弁会社として、2001年1月よりマンション向けITサービスを提供してまいりました。

  • 会社名
    • 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
  • 代表
    • 代表取締役社長 石塚 和男 (イシヅカ カズオ)
  • 本社所在地
    • 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館2F
  • 設立
    • 2001年1月24日
  • 資本金
    • 15億円
  • URL
  • 事業内容
    • マンション商品企画時のインターネットシステム設計・施工・監修、ITを活用したマンション商品企画、マンション販売時のWEBプロモーション、居住者様入居後のインターネット接続サービス「e-mansion(イーマンション)」(※)運営や、新築分譲マンション向け緊急地震速報サービス「SCOOP(スクープ)」の提供、マンション居住者向けコミュニティサイト「Chorocobi(チョロコビ)」の運営など。

※【マンション向けインターネットサービス「e-mansion」導入実績(2010年6月末付)】
サービス中物件:1,768棟 163,200戸、サービス中および契約済み物件:1,881棟 177,100戸

本リリースに関するお問合せ先
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 広報担当:伊藤
TEL / 03-3222-2143(平日9時30分〜18時)
FAX / 03-3222-2122
e-mail / itou@tsunagunet.com