防災マニュアル作成支援

防災マニュアルとは、大地震が発生したときマンション住民同士が助け合って被害を軽減するために、安否確認や避難の方法など、マンション全体の行動指針をまとめたものです。つなぐネットコミュニケーションズでは、マンション個別の条件にあわせた防災マニュアルの作成を、以下のようなプロセスで支援しております。

マンションで想定される被害を洗い出す

防災マニュアル作成を進めるにあたって、まずはどのようなリスク(被害・混乱)があるか、想定する必要があります。そして想定したリスクは「いのち」「情報」「建物」「くらし」など、場面や場所などのジャンルに分けて整理します。

上記は一例です。マンションの立地、規模、設備、季節や時間帯などによって発生する被害は様々。対象となるマンション独自のリスクについて、なるべくたくさん洗い出し、いざという場面でどのように対処するかを検討していきます。

対処方法の検討と防災マニュアルへの文書化

被害想定の洗い出しと整理、対処方法の検討の後、それらを防災マニュアルとしてまとめていきます。文書化(項目出し、構成、編集)には時間を要しますが、当社ではこれまでのノウハウを生かし、短期間で防災マニュアル案を作成します。その案をマンションの理事会(あるいは防災委員会)で確認いただき、完成へと進めていきます。

防災マニュアル作成に関するお問い合わせはこちら

本サービスの詳細やご依頼については、上記フォームよりお問い合わせください。

防災マニュアル簡易版「防災パスポート」のご案内

大地震時のマンション内基本ルールがカードに記載されており、マンション特性などを考慮しながらカードを選ぶことで、独自の防災パスポート(防災マニュアル簡易版)を作成できる無料ツールです。